メニューを開く 検索を開く ログイン

国内初の経口GLP-1受容体作動薬が承認

服用法の遵守の徹底が重要に

 2020年06月30日 18:40
プッシュ通知を受取る

13名の先生が役に立ったと考えています。

 経口のグルカゴン様ペプチド(GLP-1)アナログ製剤セマグルチド(製品名リベルサス)が6月29日に承認された。ノボ ノルディスクファーマとMSDが発表した。GLP-1受容体作動薬と呼ばれるクラスの薬剤で、これまで注射薬しか販売されておらず、経口薬は初の登場となる。注射に拒否感を示す患者が一定数いる中で、経口薬という高い利便性に加えて、体重減少作用などの特徴を持つことから注射薬からの切り替えが進む可能性があり、糖尿病治療において存在感を示す薬剤になりそうだ。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍での避難所生活。最も呼び掛けたい注意点は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  国内初の経口GLP-1受容体作動薬が承認

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07530832 有効期限:7月末まで