メニューを開く 検索

国内初の経口GLP-1受容体作動薬が承認

服用法の遵守の徹底が重要に

2020年06月30日 18:40

16名の医師が参考になったと回答 

 経口のグルカゴン様ペプチド(GLP-1)アナログ製剤セマグルチド(製品名リベルサス)が6月29日に承認された。ノボ ノルディスクファーマとMSDが発表した。GLP-1受容体作動薬と呼ばれるクラスの薬剤で、これまで注射薬しか販売されておらず、経口薬は初の登場となる。注射に拒否感を示す患者が一定数いる中で、経口薬という高い利便性に加えて、体重減少作用などの特徴を持つことから注射薬からの切り替えが進む可能性があり、糖尿病治療において存在感を示す薬剤になりそうだ。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  国内初の経口GLP-1受容体作動薬が承認