メニューを開く 検索を開く ログイン

国内初の経口GLP-1受容体作動薬が承認

服用法の遵守の徹底が重要に

 2020年06月30日 18:40
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

 経口のグルカゴン様ペプチド(GLP-1)アナログ製剤セマグルチド(製品名リベルサス)が6月29日に承認された。ノボ ノルディスクファーマとMSDが発表した。GLP-1受容体作動薬と呼ばれるクラスの薬剤で、これまで注射薬しか販売されておらず、経口薬は初の登場となる。注射に拒否感を示す患者が一定数いる中で、経口薬という高い利便性に加えて、体重減少作用などの特徴を持つことから注射薬からの切り替えが進む可能性があり、糖尿病治療において存在感を示す薬剤になりそうだ。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  国内初の経口GLP-1受容体作動薬が承認

error in template: found but mtif was expected