メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  リウマチ・膠原病 »  肺疾患の併存で死亡・入院リスクが上昇

肺疾患の併存で死亡・入院リスクが上昇

米国人関節リウマチ患者2万例超の解析

2020年07月01日 05:15

3名の医師が参考になったと回答 

 米・University of NebraskaのKaleb Michaud氏らは、米国人関節リウマチ(RA)患者2万例超を対象に肺疾患の有無と死亡および入院リスクの関係を検討した結果を欧州リウマチ学会(EULAR 2020、6月3日からウェブ開催)で発表。肺疾患を併存しない患者に対し、併存するRA患者では全死亡/入院リスクが1.3倍、呼吸器関連イベントリスクは4倍に上昇することが示された。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  リウマチ・膠原病 »  肺疾患の併存で死亡・入院リスクが上昇