メニューを開く 検索を開く ログイン

肺疾患の併存で死亡・入院リスクが上昇

米国人関節リウマチ患者2万例超の解析

 2020年07月01日 05:15
プッシュ通知を受取る

 米・University of NebraskaのKaleb Michaud氏らは、米国人関節リウマチ(RA)患者2万例超を対象に肺疾患の有無と死亡および入院リスクの関係を検討した結果を欧州リウマチ学会(EULAR 2020、6月3日からウェブ開催)で発表。肺疾患を併存しない患者に対し、併存するRA患者では全死亡/入院リスクが1.3倍、呼吸器関連イベントリスクは4倍に上昇することが示された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍での避難所生活。最も呼び掛けたい注意点は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  リウマチ・膠原病 »  肺疾患の併存で死亡・入院リスクが上昇

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07530700 有効期限:7月末まで