メニューを開く 検索を開く ログイン

新たなNAFLD治療薬が第Ⅱ相試験で有効

DGAT2アンチセンス阻害薬

 2020年07月01日 14:14
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 米・University of California, San DiegoのRohit Loomba氏らは、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)に対するジアシルグリセロールアシルトランスフェラーゼ(DGAT)2アンチセンス阻害薬IONIS-DGAT2の有効性と安全性を検討する第Ⅱ相試験の結果、高脂血症や高血糖などを来すことなくトリグリセライド(TG)の産生低下、肝硬変への進行遅延が認められたことをLancet Gastroenterol Hepatol2020年6月15日オンライン版)で報告した。DGATはTG合成を促進する酵素で1と2の2種類があり、今回の結果により、遺伝子サイレンシングがNAFLDの新たな治療法として有望であることが示された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  新たなNAFLD治療薬が第Ⅱ相試験で有効

error in template: found but mtif was expected