メニューを開く 検索を開く ログイン

長男装い「PCR検査陽性、助けて」...男2人が1500万円だまし取る〔読売新聞〕

 2020年07月01日 13:32
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルスに絡む電話詐欺で山梨県甲斐市の70歳代の女性が現金1500万円をだまし取られた事件で、山梨県警は30日、静岡県富士市松岡、無職の男(55)、埼玉県和光市南、無職の男(46)の2人(詐欺罪で起訴)を詐欺の疑いで再逮捕した。

 発表によると、2人は仲間と共謀して6月8~9日、女性宅に長男を装って「PCR検査で陽性だった。助けてほしい」などと電話し、長男の上司の弟を名乗った55歳の男が女性宅を2回訪れて計1500万円をだまし取った疑い。2人は容疑を認めている。

 この男は「飲食店などでアルバイトをしていたが、コロナで仕事がなくなり困っていた」と供述しているという。県警はこの男が現金を受け取る「受け子」、別の男が家を探す案内役とみて調べている。2人は9日、山梨市の80歳代男性から280万円をだまし取った疑いで逮捕、30日に起訴された。

(2020年7月1日 読売新聞)

ヨミドクター

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京でコロナ患者急増、対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  yomiDr. »  長男装い「PCR検査陽性、助けて」...男2人が1500万円だまし取る〔読売新聞〕

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07530853 有効期限:7月末まで