メニューを開く 検索 ログイン

腎性貧血治療にHIF-PH阻害薬2剤が承認

バダデュスタットとダプロデュスタット

2020年07月01日 18:07

18名の医師が参考になったと回答 

 厚生労働省は6月29日、田辺三菱の低酸素誘導因子プロリン水酸化酵素(HIF-PH)阻害薬であるバダデュスタット(商品名バフセオ)、グラクソ・スミスクラインのダプロデュスタット(商品名ダーブロック)の2剤を承認した。適応はいずれも腎性貧血で、両社が同日公式サイトで発表した。日本におけるHIF-PH阻害薬としては、ロキサデュスタット(商品名エベレンゾ、適応は透析施行中の腎性貧血、アステラス製薬)に続いての承認となった。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  腎・泌尿器 »  腎性貧血治療にHIF-PH阻害薬2剤が承認