メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

GLの推奨度はどのように決めるのか

画像診断GL改訂作業が進行中

 2020年07月02日 05:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images gorodenkoff ※画像はイメージです

 日本医学放射線学会では画像診断ガイドライン(GL)を作成し、GLの活用法や画像診断の適性使用を啓発する活動を行ってきた。しかし、現場での活用が不十分で必要性に乏しい検査が行われたり、不適切な画像検査が見逃されたりしてきた現状がある。GL活用が社会的にも注目される中、同学会ガイドライン委員会では現在、新しいMinds診療ガイドライン作成法に沿った診療GLの改訂作業を進めている。京都大学病院放射線部の片岡正子氏は、診療GLの新しい考え方と推奨度が決まるまでについて第79回同学会(5月15日〜6月14日、ウェブ開催)で解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  放射線 »  GLの推奨度はどのように決めるのか

error in template: found but mtif was expected