メニューを開く 検索を開く ログイン

エタノール濃度50%以上でコロナ不活化

医薬部外品、雑貨の消毒効果も検証

 2020年07月03日 05:15
プッシュ通知を受取る

29名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)対策としての消毒法については厚生労働省、国立感染症研究所などが情報を提供しているが、現在流通している製品(医薬部外品・雑貨工業品)のウイルス不活化効果に関する情報は少ない。そこで北里大学大村智記念研究所ウイルス感染制御学研究室Ⅰ教授の片山和彦氏らは、エタノールや界面活性剤成分を含有する市販の医薬部外品、洗剤や漂白剤といった雑貨工業品などを対象に、SARS-CoV-2の不活化評価を実施。不活化効果が確認できた製品やエタノールの濃度について同研究所の公式サイトで発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  エタノール濃度50%以上でコロナ不活化