メニューを開く 検索を開く ログイン

ctDNAによりEGFR+MET阻害薬の効果予測

MET増幅/EGFR変異陽性非小細胞肺がん

 2020年07月06日 05:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異陽性の進行非小細胞肺がん(NSCLC)患者におけるEGFRチロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)への耐性獲得の原因としてEGFR-T790M変異やMET増幅などが知られているが、血中循環腫瘍DNA(ctDNA)の解析により、MET増幅を有するEGFR変異陽性のNSCLC患者に対するEGFR-TKI+MET阻害薬の効果を予測できる可能性が示唆された。米国がん研究協会(AACR Virtual Annual Meetings Ⅱ、6月22~24日、ウェブ開催)において、米・アストラゼネカ社のRyan Hartmaier氏らが報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  ctDNAによりEGFR+MET阻害薬の効果予測