メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  ctDNAによりEGFR+MET阻害薬の効果予測

ctDNAによりEGFR+MET阻害薬の効果予測

MET増幅/EGFR変異陽性非小細胞肺がん

2020年07月06日 05:00

2名の医師が参考になったと回答 

 上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異陽性の進行非小細胞肺がん(NSCLC)患者におけるEGFRチロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)への耐性獲得の原因としてEGFR-T790M変異やMET増幅などが知られているが、血中循環腫瘍DNA(ctDNA)の解析により、MET増幅を有するEGFR変異陽性のNSCLC患者に対するEGFR-TKI+MET阻害薬の効果を予測できる可能性が示唆された。米国がん研究協会(AACR Virtual Annual Meetings Ⅱ、6月22~24日、ウェブ開催)において、米・アストラゼネカ社のRyan Hartmaier氏らが報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  ctDNAによりEGFR+MET阻害薬の効果予測