メニューを開く 検索を開く ログイン

遠近両用ソフトコンタクトレンズ処方のこつ

 2020年07月07日 05:05
プッシュ通知を受取る

 欧米での遠近両用ソフトコンタクトレンズ(SCL)の処方率が20~30%であるのに対し、日本では約5%にとどまっている。その背景として、遠近両用SCLの認知度が低いことが挙げられる。ひがしはら内科眼科クリニック(京都府)の東原尚代氏は、第59回日本白内障学会(5月29日~6月11日、ウェブ開催)で、最新の遠近両用SCL事情や処方のこつなどについて講演した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »   »  遠近両用ソフトコンタクトレンズ処方のこつ