メニューを開く 検索を開く ログイン

遠近両用ソフトコンタクトレンズ処方のこつ

 2020年07月07日 05:05
プッシュ通知を受取る

 欧米での遠近両用ソフトコンタクトレンズ(SCL)の処方率が20~30%であるのに対し、日本では約5%にとどまっている。その背景として、遠近両用SCLの認知度が低いことが挙げられる。ひがしはら内科眼科クリニック(京都府)の東原尚代氏は、第59回日本白内障学会(5月29日~6月11日、ウェブ開催)で、最新の遠近両用SCL事情や処方のこつなどについて講演した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

宣言中でも修学旅行を実施する方針。

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »   »  遠近両用ソフトコンタクトレンズ処方のこつ