メニューを開く 検索を開く ログイン

復職時には運動耐容能を注視

心リハを受けた就労経験者で検討

 2020年07月08日 05:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 心疾患発症後の復職に関して、産業医は患者の運動耐容能などを評価した上で就業の可否を判断する必要があり、その条件を示すことは重要である。産業医科大学病院リハビリテーション部心臓リハ室主任の久原聡志氏は、入院前に就労しており、同院で急性期心臓リハビリテーション(心リハ)を受けた心疾患患者に対する検討から、入院前における仕事の作業強度と運動耐容能に乖離がある場合、メンタルヘルスの不調を招くリスクが高いことを、第93回日本産業衛生学会(6月12~28日、ウェブ開催)で報告した。 

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  精神疾患 »  復職時には運動耐容能を注視