メニューを開く 検索を開く ログイン

近視性黄斑症、日本はアジアで発症率高い

久山町研究のデータを追跡調査

 2020年07月08日 05:20
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 近視性黄斑症は病的近視の重篤な合併症の1つで、近年世界的に増加傾向にある。九州大学大学院眼科学分野教授の園田康平氏らは、長期疫学研究である久山町研究の追跡調査データ2,164人の解析から、日本人における近視性黄斑症の発症率は、他のアジア諸国よりも顕著に高いことなどが明らかになったとJAMA Ophthalmol2020年6月25日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連タグ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »   »  近視性黄斑症、日本はアジアで発症率高い