メニューを開く 検索を開く ログイン

2剤併用でコロナ重症例の8割がICU退室

ナファモスタットとファビピラビルの併用で

 2020年07月08日 15:09
プッシュ通知を受取る

38名の先生が役に立ったと考えています。

 集中治療室(ICU)での治療を要する重症の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者に、抗インフルエンザ薬ファビピラビル(商品名アビガン)と膵炎治療薬ナファモスタット(同フサン)を併用投与したところ、11例中9例(82%)がICUを退室することができたと、東京大学病院救急科教授の森村尚登氏らの研究グループが発表した。ナファモスタットについては、単独での効果に加えてファビピラビルとの併用による相乗効果が考えられるとし、「今後の臨床研究の必要性を示唆する結果である」と期待感を示した。研究の詳細は、Critical Care(2020; 24: 392)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  2剤併用でコロナ重症例の8割がICU退室