メニューを開く 検索を開く ログイン

胃がんへのニボルマブ、日本の実臨床でも有効

国内多施設共同観察/橋渡し研究DELIVER試験

 2020年07月08日 05:00
プッシュ通知を受取る

 進行胃がん/食道胃接合部がんに対する抗PD-1抗体ニボルマブの有効性は、第Ⅲ相試験のATTRACTION-2試験で示されているものの、リアルワールドデータに関しては十分な報告がない。聖マリアンナ医科大学臨床腫瘍学准教授の砂川優氏は、わが国の進行胃がん/食道胃接合部がん患者を対象とした現在進行中のニボルマブに関する多施設共同観察/橋渡し研究DELIVER試験(JACCRO GC-08)の最新データを第22回欧州臨床腫瘍学会世界消化器癌会議(ESMO-WCGI、7月1~4日、ウェブ開催)で発表。日本人リアルワールドデータ(RWD)でも、進行胃がん/食道胃接合部がんに対するニボルマブの効果はATTRACTION-2試験の結果と遜色ないことを報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  胃がんへのニボルマブ、日本の実臨床でも有効

error in template: found but mtif was expected