メニューを開く 検索を開く ログイン

陰性なのに「コロナの爪先」

新型コロナウイルス感染症の謎

 2020年07月09日 05:10
プッシュ通知を受取る

21名の先生が役に立ったと考えています。

 若年の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者では霜焼け様皮膚症状を呈する例があり、「COVID toes(コロナの爪先)」と呼ばれている。しかしCOVID-19との関連には議論の余地がある。スペイン・Hospital Infantil Universitario Niño Jesús病理学のIsabel Colmenero氏らは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が陰性であったにもかかわらず、COVID toesを呈する小児の皮膚から同ウイルスが検出されたと、Br J Dermatol2020年6月20日オンライン版)に発表した。(関連記事:「新型コロナの意外な皮膚所見」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  皮膚 »  陰性なのに「コロナの爪先」