メニューを開く 検索 ログイン

陰性なのに「コロナの爪先」

新型コロナウイルス感染症の謎

2020年07月09日 05:10

21名の医師が参考になったと回答 

 若年の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者では霜焼け様皮膚症状を呈する例があり、「COVID toes(コロナの爪先)」と呼ばれている。しかしCOVID-19との関連には議論の余地がある。スペイン・Hospital Infantil Universitario Niño Jesús病理学のIsabel Colmenero氏らは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が陰性であったにもかかわらず、COVID toesを呈する小児の皮膚から同ウイルスが検出されたと、Br J Dermatol2020年6月20日オンライン版)に発表した。(関連記事:「新型コロナの意外な皮膚所見」)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  皮膚 »  陰性なのに「コロナの爪先」

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで