メニューを開く 検索を開く ログイン

進行大腸がんへのBRAF阻害薬ベースの3剤併用

binimetinib+encorafenib+セツキシマブが有望:第Ⅱ相ANCHOR CRC 

 2020年07月09日 05:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 未治療のBRAFV600E遺伝子変異陽性進行大腸がん患者を対象にMEK阻害薬binimetinib、BRAF阻害薬encorafenib、抗上皮成長因子受容体(EGFR)抗体セツキシマブの3剤併用の有効性と安全性を検証する単群第Ⅱ相試験ANCHOR CRCのステージ1の結果から、BRAFV600E遺伝子変異陽性進行大腸がんへのBRAF阻害薬ベースの3剤併用により有望な結果が示された。米・West Cancer CenterのAxel Grothey氏が、第22回欧州臨床腫瘍学会世界消化器癌会議(ESMO-WCGI、7月1日~4日、ウェブ開催)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  進行大腸がんへのBRAF阻害薬ベースの3剤併用

error in template: found but mtif was expected