メニューを開く 検索を開く ログイン

個別化がんワクチンで免疫療法の効果増強

進行固形がんへのRO7198457+アテゾリズマブ

 2020年07月11日 05:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 RO7198457は、mRNA-リポソーム複合体(リポプレックス)によるネオアンチゲン特異的ワクチンとして開発されたもので、ネオアンチゲン特異的T細胞を増加させることで、免疫チェックポイント阻害薬(ICI)の抗腫瘍効果を増強する可能性が期待されている。英・Royal Marsden HospitalのJuanita Lopez氏は、局所進行/転移性固形がん患者を対象としたRO7198457の第Ⅰb相試験の結果を、米国がん研究協会(AACR Virtual Annual Meetings Ⅱ、6月22~24日、ウェブ開催)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  個別化がんワクチンで免疫療法の効果増強