メニューを開く 検索を開く ログイン

リーブ21、国産初の頭皮冷却装置を発売

抗がん薬による脱毛を抑制

 2020年07月13日 15:17
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 乳がんの治療では、化学療法に伴う脱毛の抑制が女性患者のQOL維持の点から課題となっている。頭髪の発毛施術を中心に事業を展開する株式会社毛髪クリニックリーブ21(以下、リーブ21)は7月10日、東京都で記者会見を開催し、がん患者における化学療法誘発性脱毛の抑制を目的とした医療機器「頭皮冷却装置セルガード」(以下、セルガード)の製造販売を開始すると発表。リーブ21社長の岡村勝正氏、大阪大学大学院保健学専攻招聘教授の小林忠男氏、国立病院機構仙台医療センター乳腺外科医長の渡邉隆紀氏が、セルガードの概要や有効性について講演した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

猛暑を過ごすイチ押しは?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  リーブ21、国産初の頭皮冷却装置を発売

error in template: found but mtif was expected