メニューを開く 検索

筋痛性脳脊髄炎に自律神経自己抗体が関与

診断や治療につながる可能性

2020年07月14日 05:10

12名の医師が参考になったと回答 

 原因不明な高度の疲労感や体調不良が半年以上続く筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)は診断が困難で、治療法も確立されていない。しかし、国立精神・神経医療研究センターの研究チームは、自律神経受容体に対する自己抗体である抗β1および抗β2アドレナリン受容体抗体が、ME/CFS患者の脳内の異常に関連しているとJ Neuroimaging2020年7月1日オンライン版)に報告。今後、診断や治療につながる可能性があるという。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  筋痛性脳脊髄炎に自律神経自己抗体が関与