メニューを開く 検索を開く ログイン

筋痛性脳脊髄炎に自律神経自己抗体が関与

診断や治療につながる可能性

 2020年07月14日 05:10
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

 原因不明な高度の疲労感や体調不良が半年以上続く筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)は診断が困難で、治療法も確立されていない。しかし、国立精神・神経医療研究センターの研究チームは、自律神経受容体に対する自己抗体である抗β1および抗β2アドレナリン受容体抗体が、ME/CFS患者の脳内の異常に関連しているとJ Neuroimaging2020年7月1日オンライン版)に報告。今後、診断や治療につながる可能性があるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  筋痛性脳脊髄炎に自律神経自己抗体が関与