メニューを開く 検索を開く ログイン

大腸内視鏡検査、高齢者で合併症リスク高い

 2020年07月14日 05:20
プッシュ通知を受取る

67名の先生が役に立ったと考えています。

 近年、大腸がん検診の開始年齢をめぐって議論が続いているが、中でも75歳以上の高齢者における大腸がん検診のベネフィット・リスクについてはさまざまな意見がある。こうした中、カナダ・University of TorontoのNatalia Causada-Calo氏らは、大腸内視鏡検査後30日以内の合併症リスクは50~74歳の人に比べて75歳以上では2.3倍であったとする後ろ向きコホート研究の結果をJAMA Netw Open(2020; 3: e208958)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

猛暑を過ごすイチ押しは?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  大腸内視鏡検査、高齢者で合併症リスク高い

error in template: found but mtif was expected