メニューを開く 検索

大腸内視鏡検査、高齢者で合併症リスク高い

2020年07月14日 05:20

71名の医師が参考になったと回答 

 近年、大腸がん検診の開始年齢をめぐって議論が続いているが、中でも75歳以上の高齢者における大腸がん検診のベネフィット・リスクについてはさまざまな意見がある。こうした中、カナダ・University of TorontoのNatalia Causada-Calo氏らは、大腸内視鏡検査後30日以内の合併症リスクは50~74歳の人に比べて75歳以上では2.3倍であったとする後ろ向きコホート研究の結果をJAMA Netw Open(2020; 3: e208958)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  大腸内視鏡検査、高齢者で合併症リスク高い