メニューを開く 検索を開く ログイン

ベンペド酸投与でLDL-C低下

第Ⅲ相試験4件のプール解析

 2020年07月15日 05:05
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

 スタチン単独でLDLコレステロール(LDL-C)が十分に低下しなかったりスタチン不耐の高コレステロール血症患者では、代わりとなる脂質低下療法が必要とされている。ポーランド・Medical University of ŁodźのMaciej Banach氏らは、こうした患者を対象に新クラス薬のbempedoic acid(ベンペド酸)とプラセボの有効性および安全性を比較した4件の第Ⅲ相ランダム化比較試験(RCT)のプール解析の結果、ベンペド酸の投与でLDL-Cが有意に低下し、安全性も許容範囲であったとJAMA Cardiol(2020年7月1日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

猛暑を過ごすイチ押しは?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  ベンペド酸投与でLDL-C低下

error in template: found but mtif was expected