メニューを開く 検索を開く ログイン

新型コロナ対策に大気汚染防止を

 2020年07月15日 05:00
プッシュ通知を受取る

25名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによる世界各地でのロックダウン(都市封鎖)や外出自粛要請が、地球環境を改善させたというニュースがたびたび報じられてきた。ブラジル・Federal University of PampaのM. Urrutia-Pereira氏らは、米航空宇宙局(NASA)や欧州宇宙機関(ESA)などの最新データおよびレポートを基に、COVID-19のパンデミックが環境汚染に及ぼす影響について検討し、見解を発表した(Allergol Immunopathol 2020年7月1日オンライン版)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  新型コロナ対策に大気汚染防止を