メニューを開く 検索を開く ログイン

認知機能の維持には下戸より適量?

 2020年07月15日 05:10
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 認知機能はさまざまな要因の影響を受け、時間とともに変化する。そのため、1度の検査で認知機能を把握することはできない。米国・University of Georgia College of Public HealthのRuiyuan Zhang氏らは、複数回にわたり認知機能検査を受けた中高年を対象に、前向きコホート研究を実施。その結果、特に白人において全く飲酒しない人より少~中等量(女性8杯未満/週、男性15杯未満/週、1杯はビール約350mL)の飲酒者で認知機能が良好に維持されることが明らかになったと、JAMA Netw Open2020; 3: e207922)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  高齢者 »  認知機能の維持には下戸より適量?