メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  進行胆囊がん、カペシタビン上乗せ効果認めず

進行胆囊がん、カペシタビン上乗せ効果認めず

第Ⅱ相試験GB-SELECT

2020年07月17日 05:00

3名の医師が参考になったと回答 

 胆囊がん患者の二次治療において、カペシタビン+イリノテカンの併用(CAPIRI療法)とイリノテカン単剤療法で有効性および安全性を比較した第Ⅱ相試験GB-SELECTの結果から、両群に差が認められなかったことが示された。インド・TATA Memorial HospitalのAnant Ramaswamy氏が、第22回欧州臨床腫瘍学会世界消化器癌会議(ESMO-WCGI、7月1日~4日、ウェブ開催)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  進行胆囊がん、カペシタビン上乗せ効果認めず