メニューを開く 検索 ログイン

胃癌治療GL、従来とは異なるコンセプトで改訂

2020年07月20日 05:00

4名の医師が参考になったと回答 

『胃癌治療ガイドライン』は2001年に初版が刊行され、最新版は2018年の第5版である。2021年に第6版が刊行予定だが、従来のガイドラインとはコンセプトが大きく異なるという。東邦大学大学院消化器外科学講座教授の島田英昭氏が、第6版の概要について第92回日本胃癌学会(7月1~31日、ウェブ開催)で解説した(関連記事「胃癌治療GL第6版の化学療法を展望」「胃癌治療GL第6版、外科治療の推奨」「早期胃がんに対するESD/EMR」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  胃癌治療GL、従来とは異なるコンセプトで改訂