メニューを開く 検索を開く ログイン

初の患者提案型医師主導治験が8月に開始へ

肺がん治療薬オシメルチニブ

 2020年07月22日 05:05
プッシュ通知を受取る

 第一、第二世代の上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)治療中に脳転移を起こしたり増悪したりしたT790M遺伝子変異陰性の非小細胞肺がん(NSCLC)患者を対し、第三世代のEGFR-TKIオシメルチニブ(商品名タグリッソ)の有効性を検証する第Ⅱ相試験が今年(2020年)8月にスタートする。企業主導の臨床試験とは異なり、患者会と医師が同薬の製造販売企業に提案、交渉して実現させた「患者提案型医師主導治験」であり、日本初の試みとなる。 7月9日に行われたオンラインセミナー「今ある薬を、使えるようにするために」で発表された(関連記事:「患者会の発案による医師主導治験がまもなく開始」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ポピドンヨードがコロナに有効?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  初の患者提案型医師主導治験が8月に開始へ

error in template: found but mtif was expected