メニューを開く 検索を開く ログイン

認知症予防プログラム、鳥取から全国へ

 2020年07月27日 05:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 世界で3秒に1人が発症するとされる認知症。厚生労働省の発表によると、日本の認知症患者数は2012年時点で約462万人、団塊の世代が75歳以上となる2025年には700万人を超えると推計され、予防対策が喫緊の課題となっている。鳥取大学保健学科生体制御学講座教授の浦上克哉氏は日本認知症ケア学会第21回大会(2020年6月15日〜12月31日、ウェブ開催)で、自身らが開発した「とっとり方式認知症予防プログラム」を紹介(Ann Clin Transl Neurol 2020; 7: 318-328)。「鳥取県から全国へと普及させ、認知症予防に寄与したい」と述べ、DVDやパンフレットを無償で提供できることを周知した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  認知症予防プログラム、鳥取から全国へ

error in template: found but mtif was expected