メニューを開く 検索を開く ログイン

呼吸器疾患を合併したコロナの死亡率は14.5%

間質性肺炎やCOPDは予後不良に

 2020年07月27日 05:00
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 日本呼吸器学会は同学会の認定施設や関連施設に行った新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診療実態に関するアンケートの結果を7月13日に公式サイトで公表した。それによると、呼吸器の併存疾患のあったCOVID-19患者の死亡率は14.5%に上り、慢性閉塞性肺疾患(COPD)や間質性肺炎、肺がんなどの合併例では他の呼吸器疾患合併例に比べ予後不良であると報告した。これらの合併患者では感染予防が重要になるとして「COVID-19に罹患しないための生活指導を徹底する必要がある」と注意を呼びかけている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  呼吸器疾患を合併したコロナの死亡率は14.5%

error in template: found but mtif was expected