メニューを開く 検索を開く ログイン

運動麻痺が軽症でも歩行が遅くなる原因は?

畿央大・脳卒中患者のクラスター分析

 2020年07月28日 05:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 脳卒中患者の歩行速度は日常生活能力や生活範囲を担保する重要な要因であり、一般的に下肢運動麻痺の重症度に強く影響される。しかし臨床上、運動麻痺が軽症であっても歩行速度が遅い症例も見られ、その理由は不明であった。畿央大学ニューロリハビリテーション研究センターの水田直道氏らは、脳卒中患者を対象にした検討から、運動麻痺が軽症かつ歩行速度が遅い症例の特徴をSci Rep2020年7月16日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  運動器 »  運動麻痺が軽症でも歩行が遅くなる原因は?