メニューを開く 検索を開く ログイン

絵本の読み聞かせで認知症予防

 2020年07月28日 05:15
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 軽度認知障害(MCI)は認知症の前駆段階とされており、罹患率は65歳以上人口の4〜19%といわれている。MCIから認知症への進展率は約10%/年とされる一方、MCIからの改善率は14〜44%/年と回復の頻度が高い。東京都健康長寿医療センター研究所社会参加と地域保健研究チーム研究部長の藤原佳典氏は、第21回日本認知症ケア学会(6月15日〜12月31日、ウェブ開催)で講演し、絵本の読み聞かせはもの忘れの不安がある高齢者の記憶の保持能力を改善し、認知症予防に寄与することを報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  絵本の読み聞かせで認知症予防