メニューを開く 検索を開く ログイン

認知症の原因物質が老年期うつ病に関連か

 2020年07月29日 05:05
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 認知症を引き起こす原因物質の1つと考えられている「タウ蛋白質」(以下、タウ)が高齢で発症する老年期うつ病患者の脳内に蓄積していることを、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所の森口翔氏と樋口真人氏、慶應義塾大学教授の三村將氏らの共同研究グループが発表した。特に幻聴や幻視などの精神症状が見られる老年期うつ病患者の大脳皮質に顕著にタウの蓄積が認められることから、「老年期うつ病の精神症状を引き起こす可能性が示された」としている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  精神疾患 »  認知症の原因物質が老年期うつ病に関連か