メニューを開く 検索を開く ログイン

コロナ禍でがん患者の予後が悪化

4種のがん合算で損失生存年数は6万年前後に

 2020年07月29日 05:00
プッシュ通知を受取る

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的パンデミックにより、各国でがん診療へのアクセスが制限されている。COVID-19パンデミックに伴うがん治療の遅延が患者に及ぼす影響は大きいことが、英国の集団ベースのモデル研究から示された。英・London School of Hygiene and Tropical MedicineのCamille Maringe氏らがLancet Oncol2020年7月20日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  コロナ禍でがん患者の予後が悪化