メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  早期胃がんに対するESD/EMR

早期胃がんに対するESD/EMR

エビデンスとガイドラインを解説

2020年07月30日 05:10

17名の医師が参考になったと回答 

 胃がんに対する内視鏡的粘膜下層剝離術(ESD)および内視鏡的粘膜切除術(EMR)のガイドラインは、日本胃癌学会の『胃癌治療ガイドライン』と日本消化器内視鏡学会の『胃癌に対するESD/EMRガイドライン』の2つがある。静岡県立静岡がんセンター副院長/内視鏡科部長の小野裕之氏は内視鏡治療のエビデンスとガイドライン改訂について、第92回日本胃癌学会(7月1~31日、ウェブ開催)で解説した(関連記事「胃癌治療GL、従来とは異なるコンセプトで改訂」「胃癌治療GL第6版の化学療法を展望」「胃癌治療GL第6版、外科治療の推奨」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

長距離の飛行機での飲酒は危険。国際線でお酒を飲みますか?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  早期胃がんに対するESD/EMR