メニューを開く 検索を開く ログイン

早期胃がんに対するESD/EMR

エビデンスとガイドラインを解説

 2020年07月30日 05:10
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 胃がんに対する内視鏡的粘膜下層剝離術(ESD)および内視鏡的粘膜切除術(EMR)のガイドラインは、日本胃癌学会の『胃癌治療ガイドライン』と日本消化器内視鏡学会の『胃癌に対するESD/EMRガイドライン』の2つがある。静岡県立静岡がんセンター副院長/内視鏡科部長の小野裕之氏は内視鏡治療のエビデンスとガイドライン改訂について、第92回日本胃癌学会(7月1~31日、ウェブ開催)で解説した(関連記事「胃癌治療GL、従来とは異なるコンセプトで改訂」「胃癌治療GL第6版の化学療法を展望」「胃癌治療GL第6版、外科治療の推奨」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

猛暑を過ごすイチ押しは?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  早期胃がんに対するESD/EMR

error in template: found but mtif was expected