メニューを開く 検索を開く ログイン

CTCは肺がんの早期発見マーカーとして不十分

血中循環腫瘍細胞の検出能を検証

 2020年07月30日 05:05
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 がんは依然として致死率の高い疾患であり、早期の発見と治療介入が重要な課題となっている。現在、がんの早期発見ツールとして、さまざまなバイオマーカーの有効性が検証されている。フランス・Universitaire de NiceのCharles-Hugo Marquette氏は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の既往例を対象にISET(Isolation by Size of Epithelial Tumor Cells)法で抽出した血中循環腫瘍細胞(CTC)の肺がん早期発見ツールとしての有用性を検証。その結果、低線量胸部CTと比べて感度が低かったことをLancet Respir Med2020年7月8日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  CTCは肺がんの早期発見マーカーとして不十分

error in template: found but mtif was expected