メニューを開く 検索を開く ログイン

「生命を終わらせる行為は医療ではない」

日医会長がALS患者嘱託殺人を非難

 2020年07月30日 15:26
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 日本医師会(日医)会長の中川敏男氏は昨日(7月29日)、記者会見を開き、京都府の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者(当時51歳)の嘱託殺人事件に対する見解を表明した。同氏は、今回の事件をきっかけに国民が医師や医療に不信感を持つことへの懸念を表明。「たとえ患者から『死なせてほしい』と要望されても、生命を終わらせる行為は医療ではない」と非難した。その上で、なぜ患者が死を望むように至ったか、患者の苦痛に寄り添いともに考えることこそが医師の役割だと述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  事件・事故 »  「生命を終わらせる行為は医療ではない」