メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  味覚感度を改善する心リハが効果的

味覚感度を改善する心リハが効果的

2020年07月31日 05:15

6名の医師が参考になったと回答 

 日本心臓リハビリテーション学会の心臓リハビリ標準プログラムでは、急性期および回復期の心筋梗塞患者に対する食事指導として、減塩や心不全患者に対する低栄養状態の改善を提唱している。山陰労災病院(鳥取県米子市)第三循環器科部長の水田栄之助氏は、食生活に大きな影響を与える味覚感度の改善が、心臓リハビリテーション(以下、心リハ)における食事指導のターゲットになると主張する。第26回同学会(7月18~19日、ウェブ開催)で自験例を交えながら解説した。(関連記事「うま味」感度低下で肥満になる?

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

岩手の奇祭「蘇民祭」が1000年以上の歴史に幕。

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  味覚感度を改善する心リハが効果的