メニューを開く 検索を開く ログイン

新型コロナ、大規模な回復者抗体検査を実施

実態把握およびワクチン開発への道筋に―横浜市大

 2020年08月01日 05:10
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンや治療薬の開発が世界中で進められているが、この疾患については未知の部分が多く、抗体の残存期間や免疫機能の維持についても不明である。そうした中、横浜市立大学臨床統計学教授の山中竹春氏らは、今月(2020年8月)にCOVID-19回復者を対象とした日本初の大規模研究「コロナ回復者専用抗体検査PROJECT」を始動させる。7月29日に開催されたオンライン記者発表会で、研究の概要を説明した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  新型コロナ、大規模な回復者抗体検査を実施