メニューを開く 検索を開く ログイン

新型コロナ蔓延下の手術、まずはトリアージ

 2020年08月03日 15:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像

 日本外科学会コロナウイルス対策委員会委員長で東京医科大学呼吸器外科主任教授の池田徳彦氏は、今年(2020年)4〜6月に同学会が行ってきた新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染防止への取り組みや今後の課題について、7月14日に東京都で開かれた外科系学会社会保険委員会連合(外保連)の記者懇談会で報告。「まずはトリアージを行い、周術期管理、医療資源確保、感染予防が重要になる」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  新型コロナ蔓延下の手術、まずはトリアージ