メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

第1波と何が違う?大曲氏が対策呼び掛け

 2020年08月03日 13:25
プッシュ通知を受取る

45名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の新規感染者数が7月29日に国内で初めて1,000人を超え、感染拡大に歯止めがかからない状況が続いている。国立国際医療研究センター病院国際感染症センター長の大曲貴夫氏は、同日、日本肺癌学会が緊急開催した肺がん医療向上委員会ウェブセミナー「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)時代の肺がん診療を考える」で講演。「7月中旬の時点でSARS-CoV-2感染者は全年齢層に広がっており、注目すべきは30歳代や40歳代でも死亡例が確認されていること」と説明。患者を受け入れる病院や感染リスクの高い高齢者が過ごす施設における感染対策が重要であり、「院内感染対策を今一度引き締めるべき時期」と強調した。ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査は院内感染、ひいては医療崩壊の防止というリスク管理の手法として重要であり、「感染者の診断に加え、感染防止策として活用するという考えにシフトする必要がある」と指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  第1波と何が違う?大曲氏が対策呼び掛け

error in template: found but mtif was expected