メニューを開く 検索を開く ログイン

髄膜炎ワクチン接種プログラムに効果

推奨後に青年層の発症率低下

 2020年08月06日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 米国予防接種諮問委員会(ACIP)は、2005年に11〜12歳児に4価髄膜炎菌結合型ワクチン(MenACWY)の接種を、2010年に16歳児への追加接種を推奨している。米疾病対策センター(CDC)のSarah Mbaeyi氏らは、髄膜炎に対するこれら推奨の影響を検討するコホート研究を実施。11〜12歳児への接種推奨後に髄膜炎の発症率は低下し、青年期の追加接種によって低下率が加速したことをJAMA Pediatr(2020年7月20日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  小児 »  髄膜炎ワクチン接種プログラムに効果

error in template: found but mtif was expected