メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

注目の肝線維化指標は肝疾患以外にも有用か

冠動脈石灰化や慢性腎臓病への応用を検討

 2020年08月07日 05:10
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 近年、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)における肝線維化の進展を予測するスコアリングシステムとして、FIB-4 indexが注目を集めている。京都府立医科大学大学院消化器内科学の瀬古裕也氏は第52回日本動脈硬化学会(7月17日〜31日、ウェブ開催)で、NAFLD診療におけるFIB-4 indexの有用性および他疾患への応用について解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  注目の肝線維化指標は肝疾患以外にも有用か

error in template: found but mtif was expected