メニューを開く 検索を開く ログイン

抗リン脂質抗体症候群の予後不良群を特定

 2020年08月07日 05:15
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 抗リン脂質抗体症候群 (APS)は、抗カルジオリピン抗体やループスアンチコアグラントなどの抗リン脂質抗体(aPL)を有し、動・静脈血栓症、血小板減少症、習慣流産・胎児死亡といった特徴的な臨床症状を呈する全身性の自己免疫疾患である。北海道大学免疫・代謝内科学教室の尾形裕介氏は、第42回日本血栓止血学会(7月1日~31日、ウェブ開催)で、APS患者における予後不良群の特徴を明らかにした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  血液 »  抗リン脂質抗体症候群の予後不良群を特定