メニューを開く 検索 ログイン

COVID-19時代の肺がん外科療法

感染状況とがんの進行度、治療効果、代替治療の有無のバランスを考慮

2020年08月07日 06:00

1名の医師が参考になったと回答 

 日本肺癌学会の肺がん医療向上委員会は肺がん医療に関する情報発信を目的に定期的にセミナーを実施してきたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を受け、中止を余儀なくされている。しかし昨今、さまざまな情報発信がインターネットを通じて行われるようになったことから、セミナーをウェブ配信形式で行うこととなった。7月29日に行われた初めてのウェブセミナーでは、「COVID-19時代の肺がん診療を考える」をテーマに、COVID-19の最新状況、肺がん外科療法、肺がん薬物療法についてエキスパートが講演した。ここでは、近畿大学外科学教室呼吸器外科部門教授の光冨徹哉氏による肺がん外科療法における最新エビデンスのレビューを紹介する(関連記事「第1波と何が違う?大曲氏が対策呼び掛け」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  COVID-19時代の肺がん外科療法