メニューを開く 検索を開く ログイン

COVID-19時代の肺がん外科療法

感染状況とがんの進行度、治療効果、代替治療の有無のバランスを考慮

 2020年08月07日 06:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 日本肺癌学会の肺がん医療向上委員会は肺がん医療に関する情報発信を目的に定期的にセミナーを実施してきたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を受け、中止を余儀なくされている。しかし昨今、さまざまな情報発信がインターネットを通じて行われるようになったことから、セミナーをウェブ配信形式で行うこととなった。7月29日に行われた初めてのウェブセミナーでは、「COVID-19時代の肺がん診療を考える」をテーマに、COVID-19の最新状況、肺がん外科療法、肺がん薬物療法についてエキスパートが講演した。ここでは、近畿大学外科学教室呼吸器外科部門教授の光冨徹哉氏による肺がん外科療法における最新エビデンスのレビューを紹介する(関連記事「第1波と何が違う?大曲氏が対策呼び掛け」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  COVID-19時代の肺がん外科療法