メニューを開く 検索を開く ログイン

毛髪で医療従事者の労務管理

コルチゾル濃度測定によるストレス度

 2020年08月12日 05:00
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 労務上の体調管理は、主に労働者の自己評価に委ねられている。労働者健康安全機構愛媛労災病院(愛媛県)院長の宮内文久氏は、労働強度の客観的指標として毛髪中のコルチゾル濃度を測定し、勤務形態ごとのストレス負荷を比較。その結果、体調の自己評価の訴えは同様であったものの、昼間勤務群や3交代勤務群に比べ2交代勤務群ではコルチゾル濃度が有意に高いことを、第93回日本内分泌学会(7月20日~8月31日、ウェブ開催)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  毛髪で医療従事者の労務管理