メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  毛髪で医療従事者の労務管理

毛髪で医療従事者の労務管理

コルチゾル濃度測定によるストレス度

2020年08月12日 05:00

8名の医師が参考になったと回答 

 労務上の体調管理は、主に労働者の自己評価に委ねられている。労働者健康安全機構愛媛労災病院(愛媛県)院長の宮内文久氏は、労働強度の客観的指標として毛髪中のコルチゾル濃度を測定し、勤務形態ごとのストレス負荷を比較。その結果、体調の自己評価の訴えは同様であったものの、昼間勤務群や3交代勤務群に比べ2交代勤務群ではコルチゾル濃度が有意に高いことを、第93回日本内分泌学会(7月20日~8月31日、ウェブ開催)で発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  毛髪で医療従事者の労務管理