メニューを開く 検索 ログイン

日本では健康な小児も睡眠不足

睡眠問題におけるメラトニンの役割

2020年08月13日 10:45

4名の医師が参考になったと回答 

 秋田大学大学院精神科学講座教授の三島和夫氏は、メラトニンと睡眠との関わり、日本の小児を取り巻く睡眠の現状や睡眠障害について、7月30日に開かれたメラトベルWebメディアセミナーで解説。「神経発達症の小児は睡眠障害を併発することが多いが、日本では健康な小児でも圧倒的に睡眠時間が短い」と指摘し、「睡眠障害にはメラトニンが有効に働く」と述べた。(関連記事「神経発達症小児の睡眠障害治療にメラトニン」)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  日本では健康な小児も睡眠不足

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD531242 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外