メニューを開く 検索を開く ログイン

多囊胞性卵巣症候群がCVDリスクに

30~40歳代で、50歳以上では関連なし

 2020年08月14日 05:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 生殖補助医療(ART)を受けた女性6万人超を9年間追跡したデンマークのコホート研究で、30~40歳代の多囊胞性卵巣症候群(Polycystic Ovary Syndrome ;PCOS)患者は同世代の非PCOS患者に比べて、心血管疾患(CVD)の発症リスクが高いことが示された。英・University of CambridgeのClare Oliver-Williams氏らが Eur J Prev Cardiol2020年8月2日オンライン版)で発表した。PCOSとCVDリスクとの関連を年齢層別に検討した研究は今回が初で、50歳以上では両者に関連は見られなかった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  女性疾患・周産期 »  多囊胞性卵巣症候群がCVDリスクに