メニューを開く 検索を開く ログイン

マグネシウム製剤、重篤例で再び「適正使用」

 2020年08月14日 16:38
プッシュ通知を受取る

304名の先生が役に立ったと考えています。

 医薬品医療機器総合機構(PMDA)は、「酸化マグネシウム(Mg)製剤の使用により高Mg血症を発症し、重篤な転帰をたどる症例が報告されている」として、同製剤の製造販売会社の「適正使用に関するお願い」をPMDAの公式サイトに掲出。高Mg血症の発症予防および早期発見に向け、高リスク例や症状の特徴を挙げて注意を喚起した。なお、同製剤に関する注意喚起は2015年に続いて2回目となる。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  薬剤情報 »  マグネシウム製剤、重篤例で再び「適正使用」