メニューを開く 検索 ログイン

次世代型インスリンポンプ、現行法と比較

思春期・若年成人期対象のFLAIR試験

2020年08月15日 06:00

6名の医師が参考になったと回答 

 インスリンを自動的に注入するautomated insulin delivery(AID)の次世代型であるadvanced hybrid closed-loop(AHCL)システムは、現行のhybrid closed-loop(HCL)システムに比べ思春期および若年成人期1型糖尿病患者の低血糖を増やすことなく高血糖の頻度を減らした。FLAIR 試験の結果を、米・国際糖尿病センターのRichard M. Bergenstal氏が第80回米国糖尿病学会(ADA 2020、6月12~16日、ウェブ開催)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  次世代型インスリンポンプ、現行法と比較

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD531273 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外