メニューを開く 検索を開く ログイン

次世代型インスリンポンプ、現行法と比較

思春期・若年成人期対象のFLAIR試験

 2020年08月15日 06:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 インスリンを自動的に注入するautomated insulin delivery(AID)の次世代型であるadvanced hybrid closed-loop(AHCL)システムは、現行のhybrid closed-loop(HCL)システムに比べ思春期および若年成人期1型糖尿病患者の低血糖を増やすことなく高血糖の頻度を減らした。FLAIR 試験の結果を、米・国際糖尿病センターのRichard M. Bergenstal氏が第80回米国糖尿病学会(ADA 2020、6月12~16日、ウェブ開催)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  次世代型インスリンポンプ、現行法と比較