メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

未治療NSCLCへの抗PD-1抗体sintilimab

PFSとOSを有意に改善:第Ⅲ相ORIENT-11

 2020年08月15日 06:05
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

  局所進行または転移性の非扁平上皮非小細胞肺がん(NSCLC)の一次治療において、ペメトレキセド+プラチナ製剤への抗PD-1抗体sintilimabの上乗せ効果を検証した第Ⅲ相臨床試験ORIENT-11の結果、無増悪生存期間(PFS)および全生存期間(OS)の有意な改善が示された。中国・Sun Yat-sen University Cancer CenterのLi Zhang氏が世界肺癌学会(IASLC)2020-Virtual Presidential Symposium(8月8日、ウェブ開催)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  未治療NSCLCへの抗PD-1抗体sintilimab

error in template: found but mtif was expected