メニューを開く 検索を開く ログイン

未治療NSCLC、新規ALK阻害薬が有望な成績

Ensartinibの第Ⅲ相試験eXalt3

 2020年08月16日 06:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 新規ALK阻害薬ensartinibは、第一世代ALK阻害薬クリゾチニブ耐性で脳転移例を含む進行非小細胞肺がん(NSCLC)患者を対象とした第Ⅰ/Ⅱ相試験において、有望な抗腫瘍活性が示されている。ALK阻害薬未治療でIIIB/IV期のALK融合遺伝子陽性NSCLCを対象に、ensartinibの有効性と安全性をクリゾチニブを対照として検討した非盲検第Ⅲ相ランダム化比較試験eXalt3の結果から、主要評価項目の無増悪生存期間(PFS)を有意に延長したことが報告された。米・Vanderbilt-Ingram Cancer CenterのLeora Horn氏が世界肺癌学会(IASLC)2020-Virtual Presidential Symposium(8月8日、ウェブ開催)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  未治療NSCLC、新規ALK阻害薬が有望な成績

error in template: found but mtif was expected